シュー・ヤマモトによるパロディ「キャット・アート」

CAT

名画と猫の融合

「キャット・アート」は、世界の名画の数々に登場する人物を猫にした、いわば「パロディ絵画」です。
日本人のイラストレーター、シュー・ヤマモトによって発表されると、美術愛好家や猫好きの間で、一躍注目を集めることとなりました。

どの作品も、元の名画を忠実に再現しています。
その中の人物が猫(召使いなどの一部は「ワンコロ召使い」と呼ばれる犬)に置き換わっているだけで、なんだかホッコリさせられ、同時にクスッと笑みがこぼれてしまうような、かわいらしさも感じられる作品に変身しています。

「オダリスク」
9efcd70a-171b-472f-81e6-66a8834412ea
出典:https://creatorsbank.com/shuyam/works/72682

「オリンピキャット」
22074bd1-3b42-4f93-8e65-e9b6807d6ec9
出典:https://creatorsbank.com/shuyam/works//72674

このような、人間だとセクシーで目のやり場に困ってしまうようなポーズの裸婦も、猫に変わっただけで、見事なまでにかわいくなってしまうのだから不思議です。

シュー・ヤマモトについて

シュー・ヤマモト(1948〜)は、神奈川県横浜市出身で、愛知県立美術大学を卒業後、カナダ移住を経てアメリカの永住権を得た、フリーランスイラストレーターです。

古今東西の名画に猫を融合させた作品の制作を始めたのは、2007年の秋からでした。

有名画家「フェルメール」の全作品37点を、全て猫バージョンに描いた画集「フェルネーコ」が2015年に発行されましたが、その他にも「落ち穂拾い」ならぬ「マタタビ拾い」「ドガの『踊り子』」ならぬ「ドラの『踊り子』」などの名画のパロディを数多く発表しています。

現在は「モリー」「ネコ」という2匹の猫とともに生活しながら、イラストレーターとしてのみならず、旅行業、翻訳業など、多彩な活動をされています。

画集「フェルネーコ」は、フェルメールが20年ほどかけて描いた37枚の絵を、たった1年あまりで描き上げたとのことで、さすがのヤマモト氏も食傷気味になったとのことです。

かわいい「あの猫名画」の紹介

「フェルネーコ」の他にも、シュー・ヤマモト氏の作品には、誰もが知っている「あの名画」の猫バージョンが数多くあります。
その中から、筆者のイチオシの作品を1点ご紹介致します。

「ニャンクの『叫び』」
20160505120737
出典:http://tokyotheater.net/

この作品は、「ムンク」の「叫び」を元にした「ニャンク」の「叫び」です。

「ムンクの『叫び』」
200px-The_Scream
出典:Wikipedia

元々のムンクの作品の中心に描かれた人物は、叫んでいるのではなく、「自然の果てしない叫び」に対して耳をふさいでいる姿を描いたものです。

しかし、「ニャンク」の「叫び」は、猫の耳が頭の真上に付いていることもあり、この位置だと手が耳に届いていないことになります。

もしかしたら「ニャンク」の「叫び」の猫は、自分の手(前足)が耳に届かないことに気付き、それに対して困惑し、叫んでいるのかも知れませんね。

本猫はとにかく真剣なのでしょうが、やはりこの絵も、猫のそんな必死な姿になんだかほっこりしてしまいます。

petofuku編集部

2,262 views

ペットとの暮らしに役立つアイディアや、ライフスタイル、ペットに関わるトピックスなど、最新情報も含め発信しています。動物病院に関する情報もお届け。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。