今すぐ飼いたくなるロシアンブルーの5つの特徴

CAT

元々はロシアの貴族に愛され、大事に育てられてきたロシアンブルー。第二次世界大戦中に激減するものの、ブリーダーの愛と懸命な努力によって1944年にシャムとの交配を経て、現在の優美なロシアンブルーが生まれました。そんな人々の愛を一心に受け、守られてきたロシアンブルーを今すぐ飼いたくなるようなロシアンブルーの特徴を見ていきましょう。

ロシアンブルーはとにかく優美!

ロシアンブルーの被毛は短くシルキーな質感で、スリムな体型とコブラヘッドと呼ばれるくさび形の頭やアーモンド型のグリーンの瞳が一層その優美さを際立たせます。また、ロシアンスマイルと呼ばれるロシアンブルー特有の上がった口角から見られる笑顔はロシアンブルーが人々から愛される一番の理由でしょう。猫の見た目の好みはもちろん人それぞれですが、ロシアンブルーの優美さは見る者すべてを惹きつけ、笑顔は見る者すべてを癒すこと間違いなしです。

ロシアンブルーは性格も優美!

ロシアンブルーはその優美さで知られていますが、性格も実に優美といえるでしょう。周囲に対して警戒心が強い猫ですが、一度警戒を解き心を許せば人懐っこく接してくれます。また、他の猫のような気まぐれさはなく、飼い主に忠誠心が強いです。加えて、ボイスレスキャットとも形容されるほどロシアンブルーは鳴くことが少なく、穏やかな性格の持ち主ともいえます。
また、運動が好きなロシアンブルーのキャットタワーを滑らかに駆け上がる様はまさに優美で、そのスリムな四肢は身のこなしの美しさを際立たせます。そして飼い主と一緒の静かな時間も大切にする猫なので、飼い主の膝の上でゆっくり過ごすのが大好きです。そんなロシアンブルーにあなたも魅了されること間違いなしです。

[su_custom_gallery source=”media: 1363″ link=”image” width=”480″ height=”320″]

ロシアンブルーは健康!

ロシアンブルーは病気にかかりにくい猫でもあります。ロシアンブルーがかかりやすい病気として尿路結石や糖尿病が考えられますが、どちらも飼い主が日ごろの食生活や生活習慣に気を配れば十分に予防できるでしょう。そして重要なのは運動が大好きなロシアンブルーのスリムな体を維持し、ストレスを溜めさせないためにもキャットタワーなどを設置し、ロシアンブルーが自由に室内で運動できる環境を作ってあげることでしょう。

ロシアンブルーは頭がいい!

ロシアンブルーは賢い猫なのでしつけにはあまり困らないでしょう。トイレのしつけに関しては子猫のときにケージのなかに砂場を作ってあげれば、放し飼いにしても自然とトイレを覚えていてくれます。爪研ぎもダンボールをひっかく癖をつければカーテンやソファをひっかいてビリビリに破くなんてこともないでしょう。賢いので物わかりがよく、飼い主が言うことをよく聞いてくれます。

ロシアンブルーはお手入れの手間がかからない!

ロシアンブルーは、体臭や口臭がほとんどありません。また短く厚い毛質から、毛繕い等のケアも週に一回程度十分なため、飼いやすい猫種と言えるでしょう。また前述のとおり、賢く穏やかな猫なので初期に飼い主がきちんとしつけをし、警戒心を十分にほどかせれば優美で従順な子に育ってくれることでしょう。

 

petofuku編集部

2,262 views

ペットとの暮らしに役立つアイディアや、ライフスタイル、ペットに関わるトピックスなど、最新情報も含め発信しています。動物病院に関する情報もお届け。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。