【インタビュー】亀戸動物総合病院(東京都墨田区)

動物病院特集

今回は東京都墨田区のJR総武線「亀戸」駅にある『亀戸動物総合病院』さんにインタビューをさせていただきました。インタビューにご対応いただいた山田院長はこちらの動物病院の他に『ふなぼり動物病院』『池尻大橋ペットクリニック』の総院長としても活動されています。痛みを最小限に抑えた治療や手術に力を入れており、そのメリットなどについてもお話を伺いました。診療には「チーム診療」のスタイルを取られており飼い主様とのトラブル防止や、治療法の提案の幅を広く持つことに注力されていらっしゃいます。(取材日:2022/04/16 現在は記載している情報と異なる場合がございます。)

『痛みを最小限にした治療や手術』を徹底

jew-cemetery-1097409_1920

ー亀戸動物総合病院とはどのような病院なのでしょうか?

当院では、飼い主様とのトラブルを防ぐために、「みんなで診られるような状況」を病院で作っていくというスタイルで活動をしております。
ひとりが全部の責任をもってやるということのメリットもありますが、複数人で診ることができればその分提案の質や数も多くなりますのでこのようなチームで診療するスタイルをとっています。
動物病院経営において、売上重視でいけば一人一人で診た方が件数も捌けるので理にかなっていますが、それよりも当院はトラブルの防止や提案の質にフォーカスして取り組んでおります。
なので、当院では多くの数はあえて診られないようにしているというのが売りでもあります。
また入院についても、致し方ない場合を除いては基本的には行っておりません。通院していただくことをお勧めしているのと、入院中に動物の容態が悪化してしまい、最期を飼い主様と一緒に過ごすことができなかったということになってほしくないからです。
動物にとっても入院は怖いものです。暗い場所であることもあり、なにされるか分からない場所に飼い主様と一緒にいられない寂しさは動物も感じています。
「病気を治すために入院している」というところまでは動物は理解していないと思います。何のためにこんなところにいるのかという不安やストレスを感じさせないためにも原則は入院に対応していません。
その取り組みがあるからか、当院では飼い主様とのトラブルは滅多にありません。動物病院に限らず医療の場ではトラブルになることが多い業界だとは思いますが、当院ほどトラブルが少ない医療現場も珍しいと自負しております。

ー山田院長の得意分野は何ですか?

jew-cemetery-1097409_1920
私はずっと外科をやっていますので、整形外科も得意な手術だといえます。
極端にいうと目を瞑っていてもできるものもあるくらいです。
病院としていうとヘルニアや腫瘍の手術も症例が多いものになります。当院では癌治療の機械などは多く完備しておりますので幅広く対応できます。
腫瘍を取る手術であっても一昔前では3〜4時間かかっていたものも今の技術や機械であれば1時間ほどでできますし、その分動物たちにも負担がなく手術をすることが実現できます。

ー診療の際に心がけていることはありますか?

当院は「チーム診療」のスタイルで行っております。病院側にとってもトラブルを少しでもなくすことというメリットもありますが、診療の際にご提案する治療法や方向性なども1人より2人、2人よりも3人の方がより最適な選択肢をご提供できると思っております。
ですので、ご納得いただける治療法をご提示することに注力しております。
また、治療に関していうと「痛みを最小限に抑えた治療や手術」を心がけております。
痛みを感じさせない手術などは今の時代当たり前ですが、そこを深く追求しております。
動物は痛みを訴えることができないのと、なんで痛いことされているのかは分かりません。
なので麻酔や鎮痛については注力し、痛みを最小限に抑えます。

また痛みを感じさせない治療の方が病気や怪我の治りも早いというメリットがあります。
痛みを感じてしまうと、手術や治療の後に元気がなくなりご飯もあまり食べなくなってしまいます。そうすると却って治りづらくなったり最悪の場合は状態の悪化、亡くなってしまうこともあります。
痛みをなくすことは長生きのためにも必要なことなので少しでも長く飼い主様と一緒にいられる様な工夫もさせていただいております。

ーお客様からはどのような声が多くありますか?

「治療後にはすぐに元気になりました」というお声をいただくことが多くあります。
これは診療の際に心がけていることでもお伝えした通り、痛みを感じさせない治療をすることによって実現できていることだと思います。
次の日は野原を駆け回っているということも珍しくありません。
なのでそのような体験をしてくださった方は「もう他の動物病院には行けないです」とまで言っていただけます。
このようなお声が一番嬉しく思いますね。特に力をいれて取り組んでいることが飼い主様、または動物たちに満足してもらえていることが当院の支えにもなっています。
今後もこの取り組みはしていきたいですし、もっと幅広く治療法のご提案や痛みを失くす治療などに専念していこうと思います。

ー今後の展望など最後にメッセージをお願いします。

jew-cemetery-1097409_1920
私自身も開腹で腸の腫瘍を取ったりなどで、何回も手術を経験しています。
ですので、あの辛さや痛みは誰よりも理解できます。手術の痛みは人間だと「治すために仕方ないこと」と理解の上で進められますが、動物たちはそうではありません。
自分の状態が良くなるためだと認識することは難しいと思います。だからこそ、余計な痛みは失くすべきという考えのもと、当院は痛みを最小限に抑えた治療をしています。
当院に限らず、痛みを動物に感じさせない治療法の選択が必要だということをお伝えしています。早く治すためにも。

また、動物は人間と比べ寿命が短いのでその分時間の進み方がすごく早いということを理解した上で寄り添ってあげてください。
人間であれば癌に罹って治らないとしても1〜2年は生きることができますが、動物は癌になったら2〜3ヶ月で亡くなってしまうことも少なくないのです。
なので病気をした時も「悪くなるのも早い」です。あっという間に悪くなってしまうので気づいた時には遅かったということにならないようにしてあげてください。

【取材者から】インタビューをしてみて

今回インタビューにご対応いただいた山田院長のお話は全て動物への優しさから来る言葉であると強く印象を受けました。
ご自身で手術を体験されたこともあり、その分本気で動物の痛みや辛さに共感し、それを改善していくことに注力されていらっしゃると感じました。

動物の進む時間は人間である私たちと同じ様に感じていてはいけないことを再確認したとともに、少しの変化でも見落とさずにペットを観察しておくことが飼い主としての責任であると改めて思いました。

またチーム診療によって飼い主様とのトラブルを防いでいることも、人件費がその分2重でかかるのにも関わらずやられていることから、「動物のために」という心強さが感じられました。
痛みを抑えることや動物への想いの部分でもとても信頼できる動物病院であると感銘を受けました。

病院情報

病院名 亀戸動物総合病院
電話番号 03-3611-1000
営業時間 午前:9:00〜12:00 | 午後:3:00〜6:00(7:00)
定休日 なし(水曜午後は予約制)
住所 〒239-0844 神奈川県横須賀市岩戸1丁目11−15
アクセス 電車でお越しの場合:JR総武線 亀戸駅より徒歩10分
東武亀戸線 小村井・東あずま駅より徒歩8分
お車でお越しの場合:首都高速7号小松川線 錦糸町出口より10分
首都高速中央環状線 平井大橋出口より10分
首都高速6号向島線 向島,駒形出口より10分
駐車場 あり
診察対象動物 犬・ネコ
公式HP https://kameidovet.com/

petofuku編集部

3,194 views

ペットとの暮らしに役立つアイディアや、ライフスタイル、ペットに関わるトピックスなど、最新情報も含め発信しています。動物病院に関する情報もお届け。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。