ペットの救急医療について

CAT

夜間や休日、急にペットが病気になったら?

夜中に、大切なペットの様子がおかしい!
怪我をしてしまった!異物を飲み込んでしまった!

でも、こんな時間にかかりつけの獣医さんはやっていない!

こんな時、あなたなら、どうしますか?

人間の場合は、救急対応の診療所へ駆け込むところですよね。

aid-1807541_640

実は、近年ではペットの救急医療センターや夜間病院も増えて来ているのをご存知でしょうか?

その中には、ペットの健康を守るために、個人の獣医師だけでなく、有志の獣医師達の共同出資によって経営されている所もあるのです。

救急に連れていく時は、どうしたらいいの?

実際にペットを救急で診察してもらいたい時には、普段かかりつけの獣医さんを受診する時とは、少し違った準備が必要です。

ペットの救急医療を受診する場合は、まずは電話で連絡をしましょう。

かかりつけの獣医さんとは違い、救急で受診する診療所には、そのペットに関する情報が何もないことがほとんどです。
そのため、大切なペットが安全で正確な診察や治療を受けるためには、飼い主からの情報を事前に伝えておくことがとても大切となります。

また、緊急性の高いペットを優先的に診察するという観点から、患者であるペットの情報を事前に受け取っておくことは、獣医師側にとっても大きな意味のあることなのです。

ペットと一緒に自宅を出る前か、連れていく途中でも良いので、必ず救急の診療所へは電話で連絡をしてから来院するようにしましょう。

cat-1370024_1280

そして救急診療所に到着したら、受付に到着を知らせましょう。
獣医師が「トリアージ(緊急度判定)」を行います。

その結果によっては、緊急度のより高いペットを優先的に診察することがあります。
診察を受ける順番が前後する場合もあります。

kitten-569873_1280

無事に診察が終わった後、診察の結果と、検査、入院など、必要な治療の説明が獣医師からあります。
検査結果や報告書を渡される場合もあるので、かかりつけの動物病院を受診する際に必ず持っていくようにしましょう。

救急診療所を受診する際に持参する物と、注意点

ペットの救急診療を受診する際には、クレジットカードか、多めの現金を持参することをお勧めします。

money-1428594_1280

救急診療の場合は、一般の動物病院を受診する場合と比べ、診療費が割高になることがほとんどです。
ペットの急病の原因が不明な場合は、検査だけで数万円以上かかることも、決して少なくありません。

そして、診察当日の支払いが原則となります。

かなり痛い出費となることは間違いありませんが、筆者の場合も「大切なペットの命と安全には代えられない」と言ったところでした。

その他に持参した方が良い物は、

●便・尿・吐瀉物など、診察の参考になりそうな物
●ペット健康保険に入っている場合は、保険証書
●服用中の薬(あれば)
●最新の血液や尿の検査の結果(あれば)
●誤飲の場合、飲み込んだ物と同じ物

などがあります。

これ以外にも、電話連絡の際にスタッフから持参する物を指示された場合は、それを持って行くようにしましょう。

petofuku編集部

2,262 views

ペットとの暮らしに役立つアイディアや、ライフスタイル、ペットに関わるトピックスなど、最新情報も含め発信しています。動物病院に関する情報もお届け。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。