あの戦国武将が現代日本のワンコに転生!?『織田シナモン信長』で犬好きがニコニコに!

DOG

戦国武将ブームはペット界にも進出か!?

近年、戦国武将が幅広い世代にブームとなっています。
戦国武将が愛用していた鎧や刀剣などの展覧会には多くの人が集まり、戦国武将をモデルにしたゲームなども大人気となっています。

そんな中、ペット界にもついに「戦国武将ブーム」が進出してきました!

【参考リンク】『織田シナモン信長』/Amazon

なんと、マンガの中で織田信長をはじめとする戦国武将たちが、かわいいワンちゃんとして現代の日本に転生してしまったのです!

crazy-4692178_1920

いったいどういうことなのでしょう!?

アノ名将がワンちゃんに!戦は「どっちがカワイイか」で勝負!?

『織田シナモン信長』の主人公は、最も人気の高い戦国武将の1人である織田信長が柴犬に転生した「織田シナモン信長」。

元々はペットショップで売られていましたが、前世から変わらない(?)反抗的な態度が原因で売れ残り、処分寸前で飼い主の「尾田市子」に引き取られることになりました。
生まれた時から前世の記憶があり、「本能寺の変」で自分を裏切った明智光秀のことを犬になっても恨んでいるのだとか。

shiba-inu-3087207_1920

その明智光秀は、なんとこの作品の中ではシマリスに転生し、大学生の「三津秀人(ミツヒデ)」に飼われています。
しかしシナモンは、ミツヒデの外見が明智光秀に似ていることから、リスではなく飼い主である彼を明智光秀の生まれ変わりだと思っている様子です。

他にも、フレンチ・ブルドッグの伊達ブー政宗ポメラニアンの武田ラッキー信玄ボルゾイの上杉ジュリアン謙信など、他の戦国武将が生まれ変わったワンちゃんのお仲間も登場します。
武田ラッキー信玄と上杉ジュリアン謙信は、現世でも散歩中に「川中嶋さん」の家の前でにらみ合い、ドッグランで出会っても火花バチバチ!
しかしそれを飼い主たちは「本当に仲がいいのね!またじゃれ合ってる♪」と微笑ましく見ているのが、なんだかおもしろく感じます。

名将が転生したワンちゃんたちは、そんな秘密を知らない人間たちからは「織田シナモン信長」なら「シナモン」と、犬としての名前だけを呼ばれています。
しかしそれぞれ「前世のイメージ」を出すことができ、それをお互いに見ることもできるため、犬同士なら「誰が誰の生まれ変わり」なのかわかってしまうのです。

dog-900215_1920

更に『信長公記』の著者である「太田牛一」も登場します。
しかし彼は「もう一度信長様にお仕えしたい!」との思いから様々な動物に転生するのですが、なぜか牛(加工済み牛肉)・アリ・カメムシなどに転生しては主君に出会う前に死んでしまうという転生運の悪さを発揮してしまいます。

声優さんは「謎の超大型新人俳声優」…あれ??

このマンガは2020年1月より、テレビ東京などでテレビアニメも放送されました。

【参考サイト】『織田シナモン信長』公式サイト

アニメといえば、声を演じる声優さんにも注目が集まりますが、このアニメで犬などに転生した名将を演じる声優さんたちは
「謎の超大型新人声優」
ということにされています。

でも、

・織田シナモン信長役…堀内犬友
・伊達ブー政宗役…犬川登志夫
・武田ラッキー信玄役…犬田哲章

など、よく見ると「あの声優さんかな?」と想像がつく名前ばかりです。

戦国武将と犬がどちらも好き!というあなたは、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

petofuku編集部

2,262 views

ペットとの暮らしに役立つアイディアや、ライフスタイル、ペットに関わるトピックスなど、最新情報も含め発信しています。動物病院に関する情報もお届け。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。