猫の爪とぎは絶対に必要! 最適な爪とぎを用意しよう

CAT

猫は爪とぎをする動物です。

飼い主さんとしては困ったなと思うこともあるかもしれませんが、爪をとぐという行為は猫にとってはとても重要。

爪とぎをする理由と最適な爪とぎをご紹介します。

 

古くなった爪を取り除くため

猫にとって爪は身を守るすべであり、食べ物を捕食するための大事なもの。

猫の爪は定期的に外層がはがれ、新品の爪になります。

猫と生活しているとと、きどき爪が落ちているのを見たことがあると思います。

爪とぎは古くなった爪をはがし、爪を新しくするために行っているのです。

 

爪が伸びすぎないようにしている

爪とぎをすることで爪が伸びすぎないようにしています。

高齢になり爪とぎや運動などが減ると、爪が伸びすぎて皮膚に刺さってしまうことがあります。

また、高齢でなくても室内で暮らしていると爪が伸びてしまう場合があり、猫が歩いたときにカツカツと床に爪が当たる音が聞こえたら爪を切ってあげましょう。

また、伸びすぎないように猫が好む爪とぎを用意してあげましょう。

マーキングしている

熊は気に爪で傷をつけてマーキングしますが、猫も同じことをしていると考えられます。

爪を研ぐことによって自分の縄張りを主張しているのです。

猫の肉球には臭腺というにおいを発する器官があり、そのにおいをこすりつけています。

 

窓の外のよその猫が来ていると、爪とぎの頻度が高くなるそうです。

 

ストレス発散

ストレスを感じた時の転移行動として爪を研ぐこともあります。

 

飼い主さんがかまってくれなかったり、何かをしようととして失敗すると爪とぎをすることがあります。

人間には失敗をごまかそうとしているように見えますが、猫的には失敗によるストレスを発散して、気分を落ち着かせているのです。

 

ストレッチをしている

爪とぎをするとたいてい背中が伸びます。

爪とぎとストレッチを兼ねているという説もあります。

爪とぎをやめさせることはできない

爪とぎは食事をしたり、毛づくろいをしたりするのと同じように猫の本能に基づく当たり前の行動です。

しかも、爪の外層をはがすという役割も負っていますから、やめさせることは猫の子健康にとって良くありませんし、そもそもできません。

愛猫が好きな爪とぎを複数用意するなどして、爪とぎをしていい場所を設けると家具を傷つけることは少なくなるでしょう。

 

猫が好む爪とぎ

猫が好む爪とぎの条件です。

・引っ掛かりがいいもの

・安定感があり、猫が安心して爪とぎできるもの

・猫が立ち上がって背伸びをしたとき以上の大きさがあるもの

 

素材は、段ボール、麻、木、カーペットなど様々なものがあります。

形状も四角のものから、猫が入ってくつろげるものまで様々。

 

猫の素材は好みに合わせて用意し、形は数種類用意してあげるといいでしょう。

 

筆者のおすすめは、長さがある麻ひもが巻いてあるタイプと入って寝ることも可能なタイプ。

 

これらは猫が好きな場合が多く、丈夫なので壊れにくいです。

 

petofuku編集部

2,261 views

ペットとの暮らしに役立つアイディアや、ライフスタイル、ペットに関わるトピックスなど、最新情報も含め発信しています。動物病院に関する情報もお届け。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。